ブログ

カテゴリー: ブログ

『ファイナンシャルプランナー3級』を取得しました。

お客様のお家づくりのお手伝いをさせて頂くにあたり、様々なことを気にかけねばなりません。家は生活のベースですので、暮らしのことはもちろんですが、法規的な面や、金銭的なこともあります。今回試験を受けたファイナンシャルプランナーとは、くらしとお金に関する幅広い相談に対応できるようにという資格で、3級に合格することができました。よりお客様方のお役に立てるよう頑張ります。
(篠原)

日本のエネルギーはどうなるでしょう。

いきなり大きな題を掲げてしまいました。しかし色々と生活を変えるかもしれないことが、起こりそうです。約30年前、CDラジカセなるものが我が家にやってきました。あの銀色の円盤からまさか音が出るとは、ソノシートとは違うんやなぁと思ったものです。約20年前、私は携帯を手にしました。電話と言えば家の黒電話だったのに。今ではスマートフォンで、昔の人が見たらボタンなんてどこにあるかわかりゃしない。だけどほとんどの方が持っていて、使いたいように使う。技術は人々の暮らしを一気に変えてしまう。いわゆるパラダイムシフトというやつだ。  太陽光の固定価格買取制度の期間は10年若しくは20年で、その後買取自体が終了とはならなそうだが、買取の単価はガクッと下がってしまう。もちろん設置して頂いた分のメリットは十分に出ているはずですが、蓄電池があれば、発電した電気を売らずに我が家で使うことができます。余力があれば電気自動車にもその電気をまわせる。HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステムの略)に今話題のIoT(インターネットオブシングスの略)を絡めて、更に家の安全と省エネをという動きもある。テレビCMでもみかけるが、家の中のスピーカーに話しかけて、掃除機が動いたり、照明が消えたり。ネットに繋がれているからプライバシーは大丈夫かという懸念もある。しかし確実に便利だし、体の不自由な方や忙しい方の助けにもなると思う。人間をだめにするという声もちらほらと…。  以前の記事でパリ協定にもふれたが、日本は家庭部門においては、温暖化ガスの削減約4割を達成しなければならない。国内のエネルギーの供給においても大きな変化が起こる可能性がある。経済産業省は4/10の有識者会議で、再生可能エネルギーを日本の主力電源とすることを明確にした。これまで燃焼を伴わないクリーンなエネルギーと言えば原子力発電の名が挙がっていたが、東日本大震災時の福島第一原発の事故で、反原発の動きは更に強まり、特に最近では昨年発足した原自連(正式には原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)という小泉純一郎元首相が顧問を務める連盟が、積極的に原発停止と自然エネルギーの推進を訴えている。昔から省エネを謳っている当社としては、もしかしたらみなさんの生活を変え得る何かがあるかもしれないと、動向に注目している。(文・・篠原)

CASBEE建築評価員資格取得 (建築環境総合性能システム)

キャスビーとは、日本で開発された環境性能評価システムの事で解り易く言うと、対象の建物が、環境にどの程度優しいかを、建物の内と外に分けて評価します。例えば内で言えばエアコンの効率とか、断熱レベルとかであり、外で言えば屋根材・外壁材の耐用年数とか植栽の面積とかで、全部で47項目を5段階評価していくことで建物の環境性能のレベルが自動計算により、5段階に評価されます。さらに、対象建物が、建設段階から解体までの期間、どの位のCO2を排出するのかも自動計算により、算出されます。一生涯発生するCO2の排出量の内、約7割が、居住によるものと言われておりますので、気密と断熱に優れた高性能の建物程、生涯発生されるCO2の量を低く抑える事ができるのです。 弊社は、会社設立以来、気密と断熱性能に軸足を置き、年間の光熱費が13万位で快適に過ごせる住宅を創って来ましたが、このような環境性能を同じ土俵で、評価できるシステムがこれからの住宅建設の指標の1つに加えられる事は、地球環境から言って大変有意義な事であります。今後、評価員の資格を得ましたので、評価の結果を政府機関の認証を得た後、公に公表してまいります。乞うご期待を!(藤澤)

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー表彰式に行ってきました

昨年初受賞しました「ハスオブザイヤーインエナジー優秀賞」を今年も連続で頂くことができました。賞状授与式が3月28日に行われ、行ってきました。東京はちょうど桜が満開、穏やかな良い日和でした。首都高に自信がなかったので、JRで行ったのですが、ずいぶん歩きました。舗装の上を、革靴で延々と歩く機会は諏訪では、ほとんどありませので、結構足が痛くて、やわいもんです。  表彰が行われたビルは「霞が関ビル」といって、「外務省」のすぐ近くです。霞が関には、初めて行ったのですが、省庁の巨大な建物のみが集まっていて「ここで日本が動かされているんだな」と無理やり納得させられてしまいます。 受賞した社は、地方の会社が多く「霞が関」で表彰式は行われたものの、「省エネは、地方発だな」と思いました。地方の厳しい気候、風土が省エネへの真剣な取り組みを生むのは、当然ではあります。今後も諏訪に根ざした「1ランク上の省エネ」に突き進んでいく決意を新たにしました。

ヒートショックってどういうこと?第四回

さて、前回は心臓の話をするためにみなさんにスーパーに行ってもらいましたが、今回はスーパーで体感して頂く事はございませんので、とりあえずお戻りください。

先日チクリと痛いところを突かれました。「ヒートショックの記事ったって、もう冬が終わっちまうじゃねぇか」と。しかし心臓の話はまだ途中でして、避けては通れない血液の話もせざるを得ません。まだまだ続きます。今回は前回より“血”という字が多いですよ。だからそーゆーのワタシだめだって、と言う方は読むのをおひかえください。

 

前回お話ししたように、心臓は絶え間なく血液を体中に送っていますが、正確に言うと、心臓から送り出した血液が体中を巡って、また心臓に戻ってきて、そこから肺へ送り出されて、また心臓に戻ってきて、体中へ流れていくと。循環という表現が適切なんでしょうね。

 

中学の理科の授業なんかで、心臓は4つの部屋に分かれているなんて教わりましたよね。体中に血液を送るポンプが左心室、肺に血液を送るポンプが右心室、そしてそれぞれのポンプに、タンク的な役割の心房がセットになっています。

そういえば前回、心臓の位置は体の中心から少し左だと書きましたが、あれは左心室と右心室の仕事の違いが原因です。左心室は体中に血液を送るという力のいる仕事なので、マッチョでなければ務まりません。この心臓の4つの部屋の中で一番筋肉が厚く、およそ12㎜だそうです。対して、肺へ血液を送り出すポンプの右心室はおよそ3㎜。左心室がマッチョで筋肉が大きくなってきたために、元来体の中心にあった心臓は、段々と体の左の方へ寄っていったのです。

さてこの心臓を流れる血液、一般には体重の68%の量と言われていて、体重63kgの人で約5ℓとなります。前回、一回のドックンで約70mℓの血を体中へ送り出すと書きましたが、心拍数が1分間に70回としたら、70/分 × 70mℓ = 4,900mℓ となり、1分間でほぼ5ℓということになります。この血液、なんのために流れているのか。次回へ続きます。

ヒートショックってどういうこと?第三回(つづきのつづき)

寒くなってきましたね。風の強い曇りの日に外仕事をしていると、あっという間に指が動かなくなります。人間てほんと寒さに弱いんだなぁとしみじみ感じます。人類の起源はアフリカだそうですから(最近になってヨーロッパという説もあり)仕方ないでしょうね。  さて、前回の続きで血圧の話にまいろうと思いましたが、その前に心臓の話をさせてください。ワタシそーゆうのダメやねん、という方は読むのをおやめください。なんたってこれから“血”という漢字が2個は出てきますから。  さて、自分の心臓がどこにあるかちょっと触ってみてください。あ~それだと大分左に寄ってますね。実は胸の真ん中から、少しだけ左なんです。大きさは自分の握りこぶしくらいで、大人の心臓の重さは250~300グラムです。試しに今度スーパーのお肉コーナーで同じ重さの鶏のモモ肉を持ってみてください。ほほぉ~と思いますから。そしたらついでに調味料売り場とかで“ポッカレモン100”を探してみてください。黄色のプラスチックの小さな容器に、レモン果汁が入っているあれです。持ってみてください。70mℓと書いてありますよね。心臓が1回ドクンとなったときに送り出される血液量が丁度それくらいです。中が見えなくてわかりづらかったら、ちょっと少ないですがヤクルトでもいいです(65mℓ/本)。スーパーで自分の心臓を触って「あの人具合悪いのかしら」なんて誤解されるとまずいので、手首を触って自分の脈をとってみてください。10回脈打ったら、もうヤクルト10本パック分血が流れているんです。すごい!働きものですねぇ心臓は。  感心したところで、「お前ちょっと休めよ、働き過ぎだぞ」なんてわけにはいきません。しっかり働いてもらわないと困ります。なんたって生きてる内は頑張ってもらわないと。  次回に続く!

ヒートショックってどういうこと?つづき

ひと月またいで年末になってしまいました。
すみません。 あっという間に冬真っただ中ですね。 朝方の車のフロントガラスの霜が分厚いです。 前回、ヒートショックとは「温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動する等によって起こる健康被害」と書きましたが、具体的にはどういったことが起こるのでしょう。 この時季に外で仕事をしていると手がかじかんで、震えてきたりします。 こんな寒い冬に働かずに、ヘビやカエルのように冬眠できればいいのですが、人の体はそんなふうにできていません。残念ながら冬に動けてしまうんです。 「じゃあどんなふうにできているんだ!?」と怒らないでください。 まず人は体温を常に36℃~37℃に保とうとしています。 もちろんいちいち考えてしているのでなく、体が自動的に調節しているわけです。 このくらいが、体にとって丁度えぇ温度なのです。 細かく言うと、生命を維持しながら日常生活で体を動かしたりするための、エネルギーを作るのに丁度えぇのです。 ちなみにエネルギーを作る早さは温度と比例しますが、もし体温が高くなってエネルギーをどんどん作ったとすると、それだけエネルギーの元が必要になり、たくさん息を吸ったり、たくさん食べたりしなければなりません。 逆に体温が低くなったとしたら、それだけエネルギーの元は要らなくなりますが、そうなるとストライキが始まり体も動くことを拒否します。 なので、体温は高くても低くてもいけないということです。 さてこの作られたエネルギーを体の中でまず誰が使うのか。 兎にも角にも心臓です!血を全身に送り込む仕事をあなたのためにずーっと。 24時間365日働けるんです! 血液という位ですから液体です。液体を送り、そして吸い込むポンプのような役割。となるとそこには送り込むときに圧力がかかります。 いよいよ血圧の話になってきました。 〔またもや次回につづく〕 紙面の関係で一旦筆を置きます。前置きが長引いていますが、 次回お待ちください。

ヒートショックってどういうこと?

最近ますます寒くなってきましたね。風が吹くごとになんて言いますが、今年の冬は去年より寒そうです。カメムシも多く見かけるので、雪がたくさん降るよなんて声もよく耳にします。  そんな折に掲題のご質問を頂きました。寒くなるとテレビや新聞で注意を呼びかけたりしていますね。入浴中に亡くなる方の数は交通事故のそれを大きく上回っており、そのほとんどがヒートショックが原因と考えられています。そしてヒートショックは夏に比べ、冬の方が圧倒的に多いのです。  東京都健康長寿医療センターの調査によると、2011年の1年間で約17,000人もの方がヒートショックに関連して入浴中急に亡くなったと推計されており、同年交通事故で亡くなった方は4611人であったことから、約3.7倍にものぼるわけです。

ヒートショックとは

ちなみに『ヒートショック』という言葉は医学用語ではありません。そのため死亡診断書にヒートショックという記入はなく、「溺死」や「病死」となりますので、正確な統計データはないのです。しかし、厚生労働省の統計と日本全消防本部よりの協力を経て、上記の東京都健康長寿医療センターが導き出した数が、2011年に約17,000人という、他人事ではないと思わざるを得ない数字なのです。  国や建築業界、暖房メーカーや医療業界でヒートショックの問題は認知され、最近では大分浸透してきたと思われます。ヒートショックとは「温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動する等によって起こる健康被害。脳卒中や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞等を起こすもの。」と言われています。

次回へつづく

紙面が尽きましたので、つづきはまた次回。 弊社の新築や断熱リフォームの住宅にお住まいのお客様は、上記のような心配は無縁です。 まだ、新築にご入居前、断熱リフォーム等前で現在お住まいの住宅が寒いと感じている方は、 普段の暖房に加え、特にお風呂や脱衣室、トイレ等、肌を露出する場所を暖かくしてお過ごしください。

コロナ製エコキュートの学習機能について

今回ご紹介するのは、コロナのエコキュートの学習機能です。まず、お使い頂いている方々はいずれもこの4つの運転モードから選択していることと思います。⇒〔おまかせ省エネ〕〔使いきり〕〔おまかせ〕〔満タン〕 〔満タン〕以外の、〔おまかせ省エネ〕〔使いきり〕〔おまかせ〕の3つのモードはエコキュートの学習機能が働いてます。
何を学習しているかというと、皆さんの生活で必要なお湯の量です。 もう少し細かく言うと、お湯が何リットル(43℃換算)使われているかを一日毎に計測しており、 ”昨日から一週間前までのデータ”を基に、”今日”何リットル位使えるようにしておこうかということを考えて、実際にお湯を貯めておいてくれているわけです。すなわち、明日のために貯めておいてくれるお湯の量は、”今日から一週間前までのデータ”を基に考えてくれるのです。 ただ、3つのモードには少しずつ違いがあります。ざっくばらんに言うとこんな感じです。
◎お湯を貯めておく量 〔おまかせ〕:よっしゃよっしゃまかしとき、大体のことは想定内ですわ(余裕) 〔おまかせ省エネ〕:これくらいが最適じゃないスかねぇ、割といいとこ突いてると思うけど(ちょっと余裕) 〔使いきり〕:いやこれホンマかつかつですわ、ちょっと予定外のことあったら足りひんちゃうの(ぎりぎり)
◎エコキュートが、お湯足りなそう~と感じた時 〔おまかせ〕:たくさん使っても大丈夫!わてが湯増ししときますわ奥さん 〔おまかせ省エネ〕:足りなくなりそうだったら湯増ししとくね 〔使いきり〕:足りひんちゃうのてゆーたやん!わしなんもせんから、必要だったら【タンク湯増し】のスイッチ押してーな お買い上げ時は基本的に〔おまかせ省エネ〕モードになっています。 なんだか最近お湯が足りないと感じる場合は〔おまかせ〕モードに変更して頂いたり、都度都度【タンク湯増し】のスイッチを押してもらうことで、エコキュートがまたそれを学習し、お湯を貯めておく量に反映させてくれます。
すごいですね学習機能。 というわけで、今回はここまで。

まずいラーメン屋に行くか?

ロキソニンの湿布でだましだまし過ごしてきたが、

さすがにだまし切れず腰が悲鳴をあげた。

 

助けを求めて小林先生のところへ。

もんでもらっている最中にラーメン屋の話になった。

最近先生は、あるラーメン屋へ初めて足を運んだそうだ。

店へ入ろうとするときに、ちょうど出てきたお客さんに感想を聞いたそうだが、

「うぅ、その、まぁ、食べてみておくんなせぇ」と歯切れの悪い回答だったと言う。

注文を済ませ、自ら食べてみたところ、とんでもなくまずかったらしい。

私自身、とんでもなくまずいラーメン屋に行ったことがなかったので想像がつかないが、

とにかく”クソまずかった”らしい。

 

しかし、人間というのはおかしなもので、そこまではっきりまずいと言われると

逆に興味が湧いてしまうんでしょうかねぇ。

行って、その”クソまずい”ラーメンを食べてみたくなってしまうんですねぇ。

本当にそんなラーメン屋があるのかと。

あと自分が何回飯を食えるかもわからないのに。

と思って、計算するところがこの会社の社員根性。

あと40年くらい生きられるとすれば、40年x365日x3食=43,800食

1食分はそのラーメンを食ってみてもいいかな。

 

行って、食った感想はまた別の機会に書きますが、

うちの社長がよく言うのが、家はラーメンと違うから、

まずいらしいけど食ってみようってことはないぞと。

だから日々がんばれよと。

 

そんなわけで奮闘中です。篠原でした。

そういえば一昨日、ハウスオブザイヤーの表彰式に行ってきました。

 

 

 

 

 

フキノトウがいっぱい

先週の日曜日、我が家の庭にフキノトウが出てきました。さっそく摘んでふき味噌を作りました。美味しかったです。春の味ですねぇ。(^。^)
しかし、春は嬉しくもあり、悲しくもありの季節ですね。我が家の子供達も家から巣立って行くときはとっても悲しい気持ちでした。
若い方はご存じないかと思いますが、さだまさしの案山子の歌詞が、あの頃の私の気持ちにぴったりでした。
歌詞一部をご紹介します。元気でいるか、街には慣れたか、友達できたか、お金はあるか、今度いつ帰る・・・・・

冬は短い?

昨日 夏用タイヤに タイヤ交換をしました。「早すぎるだろう」との声が聞こえてきそうです。スタンドでも、「タイヤ交換は、お客さんが一番目です」と言われました。気が早いのは性格なのでしょうがありませんが、一言弁解を。高気密高断熱住宅に住んでいると、「冬が短いなー」と感じます。12月はあまり寒さ厳しい、という感じではありませんし、2月11日を過ぎると、日中の太陽光が明らかに濃くなります。冬の間でも、家の中で、「朝寒い~」とか「今日はしみるね」といった感じがないので、ふと気が付くと「もう3月かい」となります。3月は実際は12月より外気温平均が低いのですが、TV等では、「ひな祭り、サクラ開花予想」とか頻繁に聞こえてきます。これで寒々暮していれば「まだまだ春どころでないは。」と思うのでしょうが、特に寒さを感じず暮らしていますと(ありがたいことに会社も暖かいので)気分的に「もう春か」といった気になります。同時に「もう冬も終わりか」とちょっとさみしさも。そんなわけで、タイヤ交換は、せっかちが6割、高断熱高気密が4割という原因でした。S.小川

pagetop

資料ご請求・お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ!
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 電話番号0266-54-7767
  • お問い合わせ・資料請求はこちら

CLOSE X

ホームライト

0266-54-7767

CLOSE X