ブログ

ヒートショックってどういうこと?

最近ますます寒くなってきましたね。風が吹くごとになんて言いますが、今年の冬は去年より寒そうです。カメムシも多く見かけるので、雪がたくさん降るよなんて声もよく耳にします。  そんな折に掲題のご質問を頂きました。寒くなるとテレビや新聞で注意を呼びかけたりしていますね。入浴中に亡くなる方の数は交通事故のそれを大きく上回っており、そのほとんどがヒートショックが原因と考えられています。そしてヒートショックは夏に比べ、冬の方が圧倒的に多いのです。  東京都健康長寿医療センターの調査によると、2011年の1年間で約17,000人もの方がヒートショックに関連して入浴中急に亡くなったと推計されており、同年交通事故で亡くなった方は4611人であったことから、約3.7倍にものぼるわけです。

ヒートショックとは

ちなみに『ヒートショック』という言葉は医学用語ではありません。そのため死亡診断書にヒートショックという記入はなく、「溺死」や「病死」となりますので、正確な統計データはないのです。しかし、厚生労働省の統計と日本全消防本部よりの協力を経て、上記の東京都健康長寿医療センターが導き出した数が、2011年に約17,000人という、他人事ではないと思わざるを得ない数字なのです。  国や建築業界、暖房メーカーや医療業界でヒートショックの問題は認知され、最近では大分浸透してきたと思われます。ヒートショックとは「温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動する等によって起こる健康被害。脳卒中や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞等を起こすもの。」と言われています。

次回へつづく

紙面が尽きましたので、つづきはまた次回。 弊社の新築や断熱リフォームの住宅にお住まいのお客様は、上記のような心配は無縁です。 まだ、新築にご入居前、断熱リフォーム等前で現在お住まいの住宅が寒いと感じている方は、 普段の暖房に加え、特にお風呂や脱衣室、トイレ等、肌を露出する場所を暖かくしてお過ごしください。

pagetop

資料ご請求・お問い合わせ・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ!
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 電話番号0266-54-7767
  • お問い合わせ・資料請求はこちら

CLOSE X

ホームライト

0266-54-7767

CLOSE X